栃木県・日光国立公園那須高原・那須温泉/那須別邸 回

那須で日本一の天然トラフグのフルコースを食す一夜のご案内

1mg

 

もう間もなく、2017年も終わろうとしています。

この年の瀬に嬉しいお知らせができることになりました。

那須の山の中の那須別邸回で、日本一の天然トラフグが

食べられる日がやってきます!

那須の食は野菜、肉、乳製品と季節ごとに様々な味で

私たちを楽しませてくれます。

しかし、栃木県には海がありませんので、

海の幸をご提供することはなにかと難しいのであります。

ふぐであればなおさらで、旬を迎える美味しいふぐが食べたい。

この山の中で・・・、そう那須で・・、できることなら宿で・・・。

夢のような話を宿主はしておりましたが、いよいよ実現します。

日本味の宿」の出会いがご縁で出会った、【和味の宿 角上楼 】が

この企画に協力してくださり、旅館&旅館のコラボが実現します。

愛知県渥美半島の伊良湖岬で昭和元年に創業した純日本旅館であり、

日本一の天然トラフグの宿としても有名なお宿です。

角上楼は伊良湖の魚市場より毎日その時節、最良の地魚を、

料理人であるご主人自ら仕入れています。

ふぐの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われており、

その旬のど真ん中の日本一の天然物の極上トラフグを、

角上楼ご主人自らが、最良の調理法でご用意いたします。

 

 

推薦人 柏井 壽 エッセイスト

こちらでいただけるふぐは、その立派な魚体からは想像も

できない程に繊細な味わい。

白身魚のもつ淡白さに、ねっとりとしたコラーゲンの旨みが重なる。

されど、「和味の宿 角上楼」はふぐだけを目指す宿ではない。

まず楽しむべきはその佇まい。鄙びた地にあって、

いぶし銀のようにきらりと光る宿。」

 

 

かしわい・ひさし/ 1952 年京都府生まれ。

生粋の京都人であることと旅行好きであることを生かし、

京都関連の本や旅行エッセイなどを数多く執筆。

テレビや雑誌の京都特集の監修やコーディネートも務める。

著書に「おひとり京都の秋」、「極みのローカルグルメ旅」等がある。

 

_ats6034-yokojpg

 

rp29473_1059

 

_ats6164-yoko1jpg

 

ご予約はこちらから

お電話でのご予約も承っております。

0287-76-3180


2017.12.27.(水)|お知らせ | プラン

Merry Christmas !!

22日、23日の福井アミトリオによるクリスマスジャズライブは素敵な夜でした。

2日間で4回のステージで回ごとに違う曲を演奏してくれました。

お客様もお酒を飲みながら、体を揺らしながら、

心地よく、楽しそうに過ごしてくださいました。

今年は温かで、穏やかなクリスマスイブの夜を迎えています。

皆様、大切な方と素敵なクリスマスをお過ごしください。

 

2017-12-22-21-46-42

 

cf8a2012-mini


2017.12.24.(日)|お知らせ | ラウンジ206

12月22日、23日は福井アミトリオ ジャズライブ

2016-12-25-21-00-46-1

 

去年に引き続き、山水閣の素敵なクリスマスの夜を彩ってくれる

【福井アミトリオ】

お酒を飲みながら、心地よく揺られる時間を過ごしてください。

【詳細】

福井アミトリオ

伊地知大輔(bass)、今泉総之輔(drums)

日時 12月22日(金)、23日(土) 21:00 OPEN

ステージ① 21:30~

ステージ② 23:00~

TEL:0287-76-3180

〒325-0301栃木県那須郡那須町湯本206

info@sansuikaku.com

*宿泊のお客様優先となりますが、ご希望の方は

一度ご連絡をお願いいたします。

お席が空いている際は、ご予約にて承らせていただきます。


2017.12.19.(火)|お知らせ | ラウンジ206

季節には季節の味を食す【2018冬編】

2018%e5%86%ac2   2018%e5%86%ac4

 

美味しい冬の味ができました。赤、黄色、オレンジ、緑、金色にピンク。

とても華やかで、鮮やかな一皿になりました。

冬の那須は白とグレーに覆われて、ちょっと景色が淋しいのですが

食事の時間は美味しく、温かな時間を過ごしていただきたいですね。

さて、冬の味は・・・【八汐鱒の酢〆、季節の野菜添え】

冬の寒さで旨みを蓄えた八汐鱒を酢〆にし

冬の那須で採れた野菜を添えました。

爽やかな柚子と鰹出汁の香りと共に、

お好のみで大葉塩、大葉ソースをつけてお召し上がりください。

何につけても美味しい、大葉塩と大葉ソースがたまらなく止まりません。

そして、マスターが併せたお酒は、

【ドラピエ・カルト・ドール・ブリュット】

黒ブドウを主体にした洋梨、スパイス等の高いアロマの辛口シャンパーニュ。

八汐鱒の口溶けの良い脂の旨味が

お口いっぱいに広がった瞬間にお召し上がり頂きたい。

そう、今!飲んで!と伝えたい料理とお酒の組み合わせてになりました。

ふくよかなアタックと鼻の奥まで残る長い余韻が楽しめる

キリッとしたシャンパーニュ。

ご予約はこちらから。

 

お電話でのご予約の際は「冬の季節プラン」とお申し付けください。

0287-76-3180


2017.12.17.(日)|お知らせ | プラン

バス停の名前が変わりました。

20171201_104421

 

今までの最寄りバス停の名前は「つつじヶ丘」でした。

12月1日から「山水閣入口」に変更されました。

 


2017.12.03.(日)|お知らせ

Reset Resort Club ポイントアップデイ【12月~3月】

2017_12-2018_3pup

RRCについてはこちらから。

 

 

12月以降、車でお越しのお客様へ

茶臼岳(那須岳)では既に雪がうっすら積もりました。

スタッドレスタイヤ、チェーンのご準備を

忘れずにお願いいたします。

那須はこれから本格的な冬に向かいます。

タクシープランもご利用ください。


2017.12.01.(金)|RRC

温泉でクリスマス。

cf8a2040

今年もlounge206はクリスマスに染まりました。

準備をしているときからワクワクする楽しみな季節です。

温泉に入って、お酒をちびちびしながら

ほんのひと時、クリスマスを楽しんではいかがでしょうか。

クリスマスプランは12月25日まで。

12月22日と23日は福井アミトリオのジャズライブがあります。


2017.11.28.(火)|プラン | ラウンジ206

冬はタクシープラン

2014-12-07-first-snow1

 

那須の主峰、茶臼岳(那須岳)の標高は1915m。

宿のあるあたりは標高約790m。中腹あたりですね。

那須塩原駅からも黒磯駅からも那須インターからも

ゆるやかな上り坂で少しずつ上がってくるので

さほど標高が高いと思われていないようですが・・、

那須インターから那須岳へと続く、県道17号(那須街道)には

田代の交差点、広谷地の交差点、一軒茶屋の交差点があり、

交差点をすぎるごとに、景色が変わっていくのがわかるほどです。

東京から新幹線で約75分。那須町は関東地方、最北の町です。

ということで近いけど、しっかり寒いところなので、雪もしっかり降ります。

暖かな格好で、しっかり防寒してお越しください。

毎年、好評のタクシープランはこの冬もご用意します。
冬の道は安全が第一ですので、是非ご利用ください
タクシープランはこちらから。


2017.11.27.(月)|プラン

メグスリノキのお茶

チェックインの際にお出ししている「メグスリノキ」のお茶は

木の葉と樹皮を煮だして作るお茶です。

ほろ苦い味がクセになるお茶ですが、

ノンカフェインなので、何杯でも飲めてしまうお茶です。

オリジナルアメニティでも使っている「メグスリノキ」の成分は

本当に優れており、お茶で摂取しても、体にしっかり作用してくれます。

活性酸素除去成分による、抗酸化力は内臓にも働きかけます。

飲みすぎるとお手洗いが近くなるのですが、止まらなくなる美味しさです。

温かいお茶でも、冷たいお茶でも美味しく召し上がりいただけます。

お隣の山水閣のラウンジではチェックインから夜までご自由に

お召し上がれるようにご用意しております。

マタニティプランのお客様の滞在中のお飲み物としてもご用意しております。

体の中から、ゆっくり穏やかにリセットする時間をお過ごし下さい。

ティーバックを煮出すタイプのお茶です。売店でもかなりの人気商品です。

 

2017-10-05-19-35-39

 

2017-10-05-19-36-22


2017.11.21.(火)|お知らせ | 回のこと

mino

部屋に用意してある、ひざ掛けのような不思議な形をした暖かそうなもの。

mino」といい、雪国の「蓑」から生まれたニットポンチョです。

「mino」は雪国の冬に使われてきた「蓑」から着想し、新潟でうまれました。

暖簾のような形をしている「tate」

真ん中に切れ目が入っているだけの「yoko」

両端にスリットの入った「nico」

 

08091100_598a6cb78f28f05291540_592bc264e965807171011_596c0ec914c9405292149_592c18e33eb9e

 

 

新潟県五泉市は日本一のニット産地です。

「mino」を企画・生産している有限会社サイフク

1963年より50年以上に渡りニット専業メーカーとして、

社内の生産比率を90%以上まで高めた一貫体制の

こだわりの物づくりをしている会社です。

部屋は暖かいけれど、那須の冬はしっかり雪が降り、

そして、しっかり氷点下まで冷え込みます。

浴衣と丹前だけで外にでるには寒すぎる冬です。

そんなときに、さっと羽織れて、暖かい「mino」はとても重宝します。

「mino」を羽織って、冬の那須をちょっと楽しんでみませんか。

売店では季節の「mino」を販売をしております。

 

image_winter


2017.11.16.(木)|回のこと