栃木県・日光国立公園那須高原・那須温泉/那須別邸 回

mino

部屋に用意してある、ひざ掛けのような不思議な形をした暖かそうなもの。

mino」といい、雪国の「蓑」から生まれたニットポンチョです。

「mino」は雪国の冬に使われてきた「蓑」から着想し、新潟でうまれました。

暖簾のような形をしている「tate」

真ん中に切れ目が入っているだけの「yoko」

両端にスリットの入った「nico」

 

08091100_598a6cb78f28f05291540_592bc264e965807171011_596c0ec914c9405292149_592c18e33eb9e

 

 

新潟県五泉市は日本一のニット産地です。

「mino」を企画・生産している有限会社サイフク

1963年より50年以上に渡りニット専業メーカーとして、

社内の生産比率を90%以上まで高めた一貫体制の

こだわりの物づくりをしている会社です。

部屋は暖かいけれど、那須の冬はしっかり雪が降り、

そして、しっかり氷点下まで冷え込みます。

浴衣と丹前だけで外にでるには寒すぎる冬です。

そんなときに、さっと羽織れて、暖かい「mino」はとても重宝します。

「mino」を羽織って、冬の那須をちょっと楽しんでみませんか。

売店では季節の「mino」を販売をしております。

 

image_winter


2017.11.16.(木)|回のこと