栃木県・日光国立公園那須高原・那須温泉/那須高原の宿 山水閣・別邸 回

スタッフの好きな部屋第三位【其の七】

好きなお部屋の記事を書くのに、結構時間がかかっているのです。

部屋をぐるぐるして、改めての発見があったりするからなのです。

さて、第三位は【其の七】のお部屋です。

Aタイプでお子様がお泊りできるお部屋です。

このお部屋でスタッフの声が一番多かったのは主室です。

ryoukin07

和室の先に板の間の広縁があり、ものすごく広く感じるのです。

_mg_1220

そして、畳と広縁を仕切れる障子のパテーションがあります。

ちょっと違った表情になり、冬は障子を閉めておくと

気がつくと窓の外に雪が積もっていたりして、綺麗です。

_mg_1299

そして寝室は、ベッドではなく小上がりに無圧布団を敷いてます。

vs7m4679

上の写真は主室側から見た寝室。

下の写真は廊下側から見た寝室。

寝室への入り口が二つあるので、どちらからも出入りができて

便利な導線になっているのです。

vs7m4672

別邸回は今年で10年を迎えたのですが

【其の七】のお風呂はその間にかなり手を加えたお風呂かもしれません。

格子の窓は、硝子が入っていないのでスースーする内風呂と呼んでいます。

_mg_1259

もちろん開きますし、窓は朝日の上る方向にあります。

朝の時間のお風呂がとても気持ちがいいのです。

_mg_1231

【其の七】の入り口の床は、以前の記事でもお知らせしたように

なぐり加工でボコボコしています。

素足で木の優しさと、畳の懐かしさを楽しんでくださいね。


2017.03.30.(木)|お知らせ | 那須別邸回について

スタッフの好きな部屋第二位【其の弐】

お客様が好きな部屋の1位は、多分このお部屋だと思います。

スタッフが選んでもこの部屋になるかと思っていましたが・・・2位でした。

【其の弐】はAタイプのお部屋で、お子様のお泊りできないお部屋です。

ryoukin02

このお部屋のお風呂はヒノキ風呂で広々としています。

完全な露天ではないですが、自然そのものの庭が目の前にあります。

vs7m7825

そして、主室は畳のお部屋です。

最近はテーブルと椅子の希望が多くなってきているといわれていますが

別邸回は夕食も、朝食もお部屋でご用意しているのですが

畳に、座卓に、座椅子の、このお部屋はやっぱり落ち着くのですかね。

vs7m7844

寝室にはベッドが二つと、デスクがあります。

ベッドが心地よいのはもちろんなのですが、

レザーとアイアンだけでできているこの椅子の座り心地は

是非、試してもらいたいと思います。

_mg_0026

_mg_0025

 

以上、スタッフの好きな部屋第二位は【其の弐】でした。

_mg_0046


2017.03.25.(土)|お知らせ | 那須別邸回について

スタッフの好きな部屋第一位【其の四】

那須別邸回には[Aタイプ]・[Bタイプ]・[離れ]と部屋があります。

離れは1棟だけある数寄屋造りのお部屋。

Aタイプは6部屋ありまして、2階の3部屋がお子様の泊れるお部屋。

1階にある、ほかの3部屋はお子様の泊れないお部屋。

Bタイプは90平米以上ある広いお部屋が2部屋で

お子様のお泊りできないお部屋です。

 

今回、スタッフの選んだ1位は【其の四】です。

【其の四】Bタイプで、回の中では離れに続いて2番目に広いお部屋です。

部屋の造りは[主室][和室][寝室]の3部屋で構成されています。

ryoukin04

こんな間取りのお部屋になっています。

リビングは足の下ろせる掘りごたつ式になっていて、

床はなぐり加工で心地よい肌触りです。

_mg_0058

リビングの先にある、ソファースペースは

一段下がり、高低差のある造りになっています。

このソファーで、眠れてしまうくらいの大きさです。

vs7m5203

この部屋の和室は壁一面が和紙になっていて

真っ白なお部屋と床の間の自然石が特徴です。

夕食は主室、朝食は和室と使い分けるお客様もいらっしゃいます。

_mg_0125

寝室は天井がものすごく高い造りになっています。

あまり広さが取れなかったのが理由なのですが

落ち着くというお声をよく聞くのはこの寝室です。

ご夫婦で奥様が寝室、ご主人は和室で寝るって場合もあります。

_mg_0083

そして、この部屋は冬だけの特典として、

麓の町の夜景が見えるのです。

冬以外は、木々が覆っていて隠れてしまいますが

木の葉が落ち、空気の澄んだ冬は綺麗な夜景が

主室の窓から綺麗に見えます。

物凄く特徴のある部屋なので、まさかの結果でしたが

スタッフの好きな部屋第一位は【其の四】となりました。

 

 

 


2017.03.20.(月)|お知らせ | 那須別邸回について

スタッフが選ぶ那須別邸回の好きな部屋

那須別邸回には全部で9室お部屋があります。

部屋ごとに間取りも、設えも違う部屋ばかりです。

お客様もお好みのお部屋があるようで、

常連のお客様にはお部屋のご指定をいただいたりします。

ということで、スタッフにも聞いてみました。

「あなたの好きな部屋ランキング」

結果は僅差というか、かなりバラけました・・・。

を、発表いたします。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

第一位 【其の四】

_mg_0059

・部屋が広い

・和室が好き

・寝室が落ち着く

・景色が好き

 

第二位【其の弐】

_mg_0001

・畳の部屋が落ち着く

・ちょうどいい広さ

・お風呂が一番好き

 

第三位【其の七】

_mg_1220

・部屋と部屋が近いのがいい

・和室が広くて好き

・やっぱり布団だから

 

と、こんな結果になりました。

3部屋に共通していることは「畳」でした。

スタッフ20代~30代の結果なのですが

「畳」評価が高かった結果になったのでした。

 


2017.03.18.(土)|那須別邸回について

其の伍の壁

_mg_1386

最後の一部屋は其の伍
和室の壁は和紙でできています。
柿渋を何度も何度も丁寧に重ねて塗り
この美しい艶と色になりました。


2017.03.12.(日)|那須別邸回について

其の八の回郎のような

_mg_0817

別邸回の中で唯一のメゾネットのお部屋。
其の八には回郎のイメージで造られた空間があります。
陽が射しんだときのシルエットが美しいのです。


2017.03.08.(水)|那須別邸回について

離れの広縁

_mg_0633

1棟だけの離れは数寄屋造りです。
和室を囲むように広縁があり、
全て竹でできています。
お客様には足裏マッサージみたいだと、
よく言われるのです。


2017.03.05.(日)|那須別邸回について

其の壱の棚

vs7m4489

其の壱はリビングに大きな石の棚があります。
栃木の大谷石で造られています。
柔らかく温かな風合いを持つ大谷石です。


2017.03.02.(木)|那須別邸回について

其の七の床

vs7m4695

其の七の入り口を入ったところの床です。
「なぐり」という古くからの技法です。
素足で感じてほしい、木材の良さなのです。


2017.02.27.(月)|那須別邸回について

其の六の梁

_mg_0224

其の六の主室は何と言っても、この太い梁。
古民家から移設した梁があるだけで
懐かしく、落ち着いた雰囲気になります。


2017.02.24.(金)|那須別邸回について