栃木県・日光国立公園那須高原・那須温泉/那須別邸 回

那須で日本一の天然トラフグのフルコースを食す一夜のご案内

1mg

 

もう間もなく、2017年も終わろうとしています。

この年の瀬に嬉しいお知らせができることになりました。

那須の山の中の那須別邸回で、日本一の天然トラフグが

食べられる日がやってきます!

那須の食は野菜、肉、乳製品と季節ごとに様々な味で

私たちを楽しませてくれます。

しかし、栃木県には海がありませんので、

海の幸をご提供することはなにかと難しいのであります。

ふぐであればなおさらで、旬を迎える美味しいふぐが食べたい。

この山の中で・・・、そう那須で・・、できることなら宿で・・・。

夢のような話を宿主はしておりましたが、いよいよ実現します。

日本味の宿」の出会いがご縁で出会った、【和味の宿 角上楼 】が

この企画に協力してくださり、旅館&旅館のコラボが実現します。

愛知県渥美半島の伊良湖岬で昭和元年に創業した純日本旅館であり、

日本一の天然トラフグの宿としても有名なお宿です。

角上楼は伊良湖の魚市場より毎日その時節、最良の地魚を、

料理人であるご主人自ら仕入れています。

ふぐの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われており、

その旬のど真ん中の日本一の天然物の極上トラフグを、

角上楼ご主人自らが、最良の調理法でご用意いたします。

 

 

推薦人 柏井 壽 エッセイスト

こちらでいただけるふぐは、その立派な魚体からは想像も

できない程に繊細な味わい。

白身魚のもつ淡白さに、ねっとりとしたコラーゲンの旨みが重なる。

されど、「和味の宿 角上楼」はふぐだけを目指す宿ではない。

まず楽しむべきはその佇まい。鄙びた地にあって、

いぶし銀のようにきらりと光る宿。」

 

 

かしわい・ひさし/ 1952 年京都府生まれ。

生粋の京都人であることと旅行好きであることを生かし、

京都関連の本や旅行エッセイなどを数多く執筆。

テレビや雑誌の京都特集の監修やコーディネートも務める。

著書に「おひとり京都の秋」、「極みのローカルグルメ旅」等がある。

 

_ats6034-yokojpg

 

rp29473_1059

 

_ats6164-yoko1jpg

 

ご予約はこちらから

お電話でのご予約も承っております。

0287-76-3180


2017.12.27.(水)|お知らせ | プラン

Merry Christmas !!

22日、23日の福井アミトリオによるクリスマスジャズライブは素敵な夜でした。

2日間で4回のステージで回ごとに違う曲を演奏してくれました。

お客様もお酒を飲みながら、体を揺らしながら、

心地よく、楽しそうに過ごしてくださいました。

今年は温かで、穏やかなクリスマスイブの夜を迎えています。

皆様、大切な方と素敵なクリスマスをお過ごしください。

 

2017-12-22-21-46-42

 

cf8a2012-mini


2017.12.24.(日)|お知らせ | ラウンジ206

12月22日、23日は福井アミトリオ ジャズライブ

2016-12-25-21-00-46-1

 

去年に引き続き、山水閣の素敵なクリスマスの夜を彩ってくれる

【福井アミトリオ】

お酒を飲みながら、心地よく揺られる時間を過ごしてください。

【詳細】

福井アミトリオ

伊地知大輔(bass)、今泉総之輔(drums)

日時 12月22日(金)、23日(土) 21:00 OPEN

ステージ① 21:30~

ステージ② 23:00~

TEL:0287-76-3180

〒325-0301栃木県那須郡那須町湯本206

info@sansuikaku.com

*宿泊のお客様優先となりますが、ご希望の方は

一度ご連絡をお願いいたします。

お席が空いている際は、ご予約にて承らせていただきます。


2017.12.19.(火)|お知らせ | ラウンジ206

季節には季節の味を食す【2018冬編】

2018%e5%86%ac2   2018%e5%86%ac4

 

美味しい冬の味ができました。赤、黄色、オレンジ、緑、金色にピンク。

とても華やかで、鮮やかな一皿になりました。

冬の那須は白とグレーに覆われて、ちょっと景色が淋しいのですが

食事の時間は美味しく、温かな時間を過ごしていただきたいですね。

さて、冬の味は・・・【八汐鱒の酢〆、季節の野菜添え】

冬の寒さで旨みを蓄えた八汐鱒を酢〆にし

冬の那須で採れた野菜を添えました。

爽やかな柚子と鰹出汁の香りと共に、

お好のみで大葉塩、大葉ソースをつけてお召し上がりください。

何につけても美味しい、大葉塩と大葉ソースがたまらなく止まりません。

そして、マスターが併せたお酒は、

【ドラピエ・カルト・ドール・ブリュット】

黒ブドウを主体にした洋梨、スパイス等の高いアロマの辛口シャンパーニュ。

八汐鱒の口溶けの良い脂の旨味が

お口いっぱいに広がった瞬間にお召し上がり頂きたい。

そう、今!飲んで!と伝えたい料理とお酒の組み合わせてになりました。

ふくよかなアタックと鼻の奥まで残る長い余韻が楽しめる

キリッとしたシャンパーニュ。

ご予約はこちらから。

 

お電話でのご予約の際は「冬の季節プラン」とお申し付けください。

0287-76-3180


2017.12.17.(日)|お知らせ | プラン

バス停の名前が変わりました。

20171201_104421

 

今までの最寄りバス停の名前は「つつじヶ丘」でした。

12月1日から「山水閣入口」に変更されました。

 


2017.12.03.(日)|お知らせ

メグスリノキのお茶

チェックインの際にお出ししている「メグスリノキ」のお茶は

木の葉と樹皮を煮だして作るお茶です。

ほろ苦い味がクセになるお茶ですが、

ノンカフェインなので、何杯でも飲めてしまうお茶です。

オリジナルアメニティでも使っている「メグスリノキ」の成分は

本当に優れており、お茶で摂取しても、体にしっかり作用してくれます。

活性酸素除去成分による、抗酸化力は内臓にも働きかけます。

飲みすぎるとお手洗いが近くなるのですが、止まらなくなる美味しさです。

温かいお茶でも、冷たいお茶でも美味しく召し上がりいただけます。

お隣の山水閣のラウンジではチェックインから夜までご自由に

お召し上がれるようにご用意しております。

マタニティプランのお客様の滞在中のお飲み物としてもご用意しております。

体の中から、ゆっくり穏やかにリセットする時間をお過ごし下さい。

ティーバックを煮出すタイプのお茶です。売店でもかなりの人気商品です。

 

2017-10-05-19-35-39

 

2017-10-05-19-36-22


2017.11.21.(火)|お知らせ | 回のこと

第12回 那須ショートフィルムフェスティバル2017

2017-11-03-19-32-50

 

毎年の秋の楽しみといえば、ショートフィルムフェスティバルです!

12回目を迎える今年のテーマは「HENSHIN」。

ショートフィルムフェスティバルの楽しみのひとつがポスター。

那須在住のイラストレーター米倉万美さんが手がけています。

今年は、狐にふんして太鼓を打ち鳴らす

那須を代表する伝統芸能「白面金毛九尾太鼓」のお面です。

そして、映画の上映だけではなく、たくさんのイベントも用意されています。

 

開催期間  2017年11月11日(土)~2017年11月19日(日)

会  場  南が丘牧場 

 

11日(土) 10:00~ オープニング

白面金毛九尾太鼓と清水秀苑先生の書道パフォーマンスとのコラボレーション

 

11日(土) 11:00~ シャバーサナ上映

「HENSHIN」にちなんで、ヨガインストラクターの岩下友希先生を迎え、

ヨガで心と体をほぐした後に映画を鑑賞。

ヨガマットに寝転びながらリラックスしての鑑賞をお楽しみください。

 

12日(日) 11:00&14:00 今日はこどもでいたかった

親子で楽しめるプログラム。

日本アニメ生誕100年を記念してフィルムセンターの所蔵する

日本のアニメーション映画4作品が35mmフィルムで上映されます。

全て無音声の映画をスタッフが弁士のように字幕を読み上げる試みもあり、

是非ご一緒にお子様に字幕を読んであげてみてください。

 

15日(水)&18日(土) シネマバー

Bar+Gallery殻々工房にて過去の受賞作品が無料で上映されます。

 

16日(木) バーロイヤル

南が丘牧場 ザ・バイカルの2階が上映会場ですが、「ラースと、その彼女」の

上映とともに一夜限りのバーロイヤルがオープンします。

 

19日(日) 11:00~ Nasu Award 2017 授賞式

那須アワード、観客賞、

リクルート賞、那須フィルム・コミッション賞が決まります。

そして今年も多くの映画が上映されます!

ぜひ、那須で秋と映画をお楽しみください。

 

2017-11-03-19-33-19

 

2017-11-03-19-33-30


2017.11.10.(金)|お知らせ

つながるひろがるアート展NASU

2017-11-03-09-29-50

 

11月3日~11月26日まで開催の【つながるひろがるアート展NASU
会場は那須地域の14の場所。
障害をもつ作家さんたちを企業や個人が

サポーターとなり開催されるアート展。
毎年、この季節が楽しみで、どんな作品に出会えるかワクワクします。
このアート展の作品の一枚一枚の絵を見ている時間

ゆるやかに流れとても長くなります。
目立たないような小さなこだわりがあったり、
たった一本の鉛筆の線、たったひとつの点、
見ているだけで、とても愛おしく感じます。
紅葉に彩られた那須のあちこちの会場で、
ゆっくりと時間が過ぎるのを忘れて、

優しく温かな作品に触れてみてはいかでしょうか。

おとなりの山水閣1階で展示しております。
開催会場
那須高原の宿 山水閣
伊王野 陣屋
1988 CAFE SHOZO
Cafe & Pie Taragon
菅間記念病院
喫茶店ホリデー
ぎゃらりぃなな
ギャラリーバーン
キャンドルハウスシュシュ
森林ノ牧場
手づくり味噌・栃木の地酒蔵楽
ホテルエピナール那須
マ・メゾン光星
ゆっくりサロン
オリジナルグッズがもらえるスタンプラリーもあります。


2017.11.06.(月)|お知らせ

那須温泉例大祭

dscn0962

毎年10月8日、9日に開催される「那須温泉例大祭」。

温泉の恵に感謝し末永くお湯が沸き出でるように祈願するお祭りです。

二日間にわたり、温泉神社や分湯所界隈が

華やかに賑やかになります。

厳かな祭りは、是非一度見てもらいたいお祭りです。

お祭りの詳細。


2017.10.08.(日)|お知らせ

紅葉の見頃情報【那須温泉 温泉神社】

「温泉神社」と書いて「ゆぜんじんじゃ」と読みます。

温泉神社の歴史は古く創建は舒明天皇2年(630年)と

1380年以上の歴史ある神社です。那須野与一が奉納した鳥居をくぐり、

参道には階段が続き本殿まで進むと、

小さな本殿が山に囲まれるようにひっそりと建っています。

温泉神社内にはいくつかのパワースポットがあり、

まずは社務所の脇にある「大和さざれ石」。

実はこの石は日本国国歌で歌われているさざれ石なのです。

「~さざれ石の巌となりて~」が国歌の一節ですが、

ここに書かれている「さざれ石」こそ 温泉神社にある「大和さざれ石」です。

そして本殿へ向かって歩いて行くと、

左側に愛宕神社に向かう急な石段があります。

急すぎる坂道ですが、ここにもパワースポットがあります。

石段の入り口にあるのが「愛宕福神水」。

神社から出る湧き水なのですが、ご利益のある水です。

湧き水なので冷たく美味しい水で、

那須高原は水が美味しいことで有名ですが、

ここの湧き水は特に美味しいと思っています。

さらに参道の途中、右手にある御神木は是非、見て欲しいポイントです。

温泉神社の御神木はその名を「生きる」と名づけられており、

ミズナラなのですが、その生命力、力強さから命名されており、

樹齢は推定でなんと800年にもなります。

行き方は宿から県道17号を湯本方面へ向かって約5分ほどで

入り口の鳥居が見えてきます。共同駐車場へ駐車してください。

例年の紅葉の見頃 10月中旬から11月中旬

 

100


2017.09.27.(水)|お知らせ | 季 節 暦