栃木県・日光国立公園那須高原・那須温泉/那須高原の宿 山水閣・別邸 回

紅葉の見頃情報【那須温泉 温泉神社】

「温泉神社」と書いて「ゆぜんじんじゃ」と読みます。

温泉神社の歴史は古く創建は舒明天皇2年(630年)と

1380年以上の歴史ある神社です。那須野与一が奉納した鳥居をくぐり、

参道には階段が続き本殿まで進むと、

小さな本殿が山に囲まれるようにひっそりと建っています。

温泉神社内にはいくつかのパワースポットがあり、

まずは社務所の脇にある「大和さざれ石」。

実はこの石は日本国国歌で歌われているさざれ石なのです。

「~さざれ石の巌となりて~」が国歌の一節ですが、

ここに書かれている「さざれ石」こそ 温泉神社にある「大和さざれ石」です。

そして本殿へ向かって歩いて行くと、

左側に愛宕神社に向かう急な石段があります。

急すぎる坂道ですが、ここにもパワースポットがあります。

石段の入り口にあるのが「愛宕福神水」。

神社から出る湧き水なのですが、ご利益のある水です。

湧き水なので冷たく美味しい水で、

那須高原は水が美味しいことで有名ですが、

ここの湧き水は特に美味しいと思っています。

さらに参道の途中、右手にある御神木は是非、見て欲しいポイントです。

温泉神社の御神木はその名を「生きる」と名づけられており、

ミズナラなのですが、その生命力、力強さから命名されており、

樹齢は推定でなんと800年にもなります。

行き方は宿から県道17号を湯本方面へ向かって約5分ほどで

入り口の鳥居が見えてきます。共同駐車場へ駐車してください。

例年の紅葉の見頃 10月中旬から11月中旬

 

100


2017.09.27.(水)|お知らせ | 季 節 暦